« 2012年6月10日 - 2012年6月16日 | トップページ | 2012年7月8日 - 2012年7月14日 »

2012年6月24日 - 2012年6月30日の2件の記事

2012年6月30日 (土)

福島在住者を応援する

以前、「福島のエートス」について、簡単な印象を載せた。エートスのような当事者、住民主体の取り組み(「自己統御感」を取り戻す取り組み)を、私は遠くから応援したいと思っている。なお、先日紹介した安東量子さんの講演が、文字起こしされて下記で読める。

https://docs.google.com/file/d/0B68W56ei4kpJc1RLamwzd0pwX2M/edit

「自己統御感」については、下記の記事が図解付きで説明している。この執筆者は少々極端な発言をするようで、放射線の影響等を割り切りすぎではある(全く危険性のないものとして扱うこともある)(注1)が、この説明についてはわかりやすい。

http://blogs.bizmakoto.jp/kaimai_mizuhiro/entry/5007.html

さて、福島に住む方々に向けて、情報を収集し、精査して、いわゆる「デマ」や誇張された報道等の検証を行っている方がいる。その方ご自身も福島在住者であり、福島での最低限平穏な日常を取り戻すべく、使命感を持って取り組んでおられる。今現在わかっている(また次第に明らかになりつつある)情報の範囲内で、極端な意見について検証を加えつつ、何が信用できる情報なのかを確認されている。

その方が活動の舞台とされているウェブサイトのURLは伏せておくが、そこのコメント欄(通常は福島在住の方を中心とした情報交換の場となっている)に、「福島がいかに危険か」を訴える任意団体の関係者と思しき方から、数度にわたって投稿があった。その無神経さに憤慨して、多くの読者(普段はコメントしない方々も)が異議申し立てをした。私も全くの部外者ながら黙っておられず、以下のコメントを投稿した。現時点での私の考えを端的に表しているように思ったので、一部字句を改めて転載することにする。

<以下引用>

>×××さん

福島在住の方にも、当然嫌なことを嫌、不快なことを不快だという権利はあります。いろいろな考え方の人がいてもいいと思いますが、「他人」の人生に口を出し、拒絶されたら逆ギレするというのは、少し大人気ないのではないでしょうか。

福島の方々だけが情報統制下におかれて、何も知らされずにいたなどということは、このご時世、普通に考えてありえません。私は南関東在住の「非当事者」ですが、それでも去年の今頃は不安がありました。福島の皆さんがどれだけ不安だったか、少し想像すればわかると思うのです。私が入手できる情報は(ついでに、東京目線の「煽動記事」も)、当然ながら福島の方々にも入手可能でした。

自分自身や、子供や親類の命にかかわるかもしれなかったわけで、それこそ必死で、命がけで勉強された人がたくさんおられます。政府が信用できないからといって、反政府の人が信用できると考えるのは短絡ではないでしょうか。本当に生きるか死ぬかの状況に置かれた時、単純に誰か一人を信じ切って、その人の言いなりになることも簡単ではありません。自分の頭で考えた上でなければ、自信を持って判断を下せないという方も多いと思います。

自主避難に踏み切った人の中には、家も仕事も何もかも捨てて逃げた方もいらっしゃるでしょうが、全員にそれを強要することがどういうことか、おわかりになってらっしゃいますか。 私たちは、たとえば職場の人事異動とか、長期出張とか、そんなことでも一喜一憂して生きています。「大丈夫かもしれない」可能性に賭けた人たちが大勢いるのは当然でしょう。

命がけで勉強して、専門的な文章を含むいろいろな情報を精査して、ほんの小さな情報に一喜一憂して……最近になってWBCによる内部被曝状況の推移など、「安全情報」の類が出てきました。まだ不安が一掃されたわけではないにせよ、きちんと気をつけてさえいれば、このまま住んでいてもよさそうだということもわかってきました。

もちろん、東大の偉い先生が言っているから「安心」とかいうことではなく、皆さんそれぞれが最低限データを参照しながら、ご自分の頭をフル回転させて「これは信用できる」と判断した結果、「住める」という結論に達しつつあるのです。

そのことを、素直に喜んではいけないのでしょうか。

原発のことをおっしゃっていましたが、福島に住み続ける方々を「邪魔」扱いするような「反原発」なら、私は「やめてしまえ!」と言いたいと思います。また、「安全情報」が「国や東電」に有利な、事故の影響を小さく見せたい人々の追い風として作用する可能性は確かにあるでしょう。でも、彼らに有利かどうかと、情報が確かかどうかは別問題のはずです。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」というのは、心情としてわからないではありませんが、それで突っ走るのはいかがなものでしょうか。

逆にいうと、私は今の福島の状況は、かなり軌跡に近いことだったと、一歩間違えば本当に危なかったかもしれないと考えています。ですから、「福島は住める」と認めることと「脱原発」は矛盾しないと思うのですが、いかがでしょうか。

○○○さんは、「信じたいことだけを信じる」という楽な道をとらず、危険寄りの、暴言に近い情報まで相手にし、それを他の情報と見比べて、精査して、背後関係までご自分なりに分析した上で、粘り強く(「いまのところこうではないか」という)暫定的な考えを提示されてきました。もしかしたら小さな誤りはあるかもしれませんが、誰でも見られる情報から考えた結論としては、相応の説得力があります。

かなりの覚悟があってやられていることですし、ご自分たちの「生きる権利」を求めるという意識に駆られてらっしゃると思います。ですから、それこそ「専門家」でもない限り、生半可な情報で論破できるなどと思わない方がよろしいと思います。そしてこれは○○○さんだけが例外でなく、少なくない福島県民の方々が、この1年で状況に迫られて身に着けた態度ではないかと私は考えています。

私のような「非当事者」でも、ずっと拝見している読者には、○○○さんの熱意と危機感(「危機」をもたらす因子は放射能だけではありません)がよくわかります。仮に○○○さんが東電関係者であろうと、国から金をもらったことがあろうと(注2)、そんなことは極々些末な問題に感じてしまいます。少なくとも、強い問題意識がなければできない作業を続けてらっしゃいますから。

×××さんも熱意をお持ちだとは思いますが、判断を誤ればもしかしたら大変なことになったかも知れない状況下で、情報を精査しながら暮らし、ようやく心の安寧が得られるかもしれないとなった時に、心ない言葉をあびせられる福島の方々、ささやかな幸せを取り戻したいという方々の切実さを、どうかお考えいただきたいと思います。

繰り返しになりますが、福島在住の方々を応援することと、脱原発は矛盾しません。福島在住の方々は、今は目の前にある問題に取り組む必要があり、運動に加わることは決して多くないでしょうが、それを責めるのは筋違いもいいところでしょう。

<引用ここまで>

実は、しばらく前に、酒の席で知人と口論になった。私が言いたかったのは、比較的線量の高い中通り地区にも、実際に生活される方がいること、それを認めないような主張は慎むべきではないかということだった。また、今現在の状況であれば住むことに大きな抵抗がないというのが正直な思いでもある。

しかし、私の「郡山は住める」との第一声に対して、条件反射的に返ってきたのは「おまえは東電から金をもらってるのか!」という言葉だった。当然私は否定した(そもそもそんなことあるわけがない)が、続く言葉は「金をもらってるわけでもないのに、そんな事を言うわけがない!」「おまえとは、もうこれっきりだ!」というものだった。

大変に信頼していた相手でもあり、正直ショックは大きかった。しかし、硬直した考えを死守したままで、現状をよりよく変えていくことは考えられない。酒の席での議論は打ち切りになり、相手とはそれきり会っていないが、もし話ができれば伝えたかった内容が、上記引用部(某サイトへのコメント)とかなり重なっている。

当然、私の考えが誤っている可能性もある。特に低線量被曝の評価に関しては不明な点もあり、現実的な範囲内で警戒し続ける必要はあるだろう。個々人の判断(リスク判断)は尊重されるべきであると思う。ただ、被災者を切り捨てた運動に、私は可能性を感じられないというだけだ。

 

(注1)危険性のないものとして軽く考えすぎると、逆に現地で暮らす方々の思いと乖離が生じかねない。あくまでも「現状で、福島は気をつけていれば住める状況」「流通している食品中の放射性物質の量は、現状において過度に気にする必要はない」程度に考えておくべきだと思う。

(注2)これはコメント投稿者(×××氏)の挑発にあった文言。

 

【7/2追記】「福島を応援」というと、被災者の無垢さを強調することになったり、「可哀想な彼ら」への「同情心」をあおることになりかねないのも事実。それでは「偽善」にほかならない。福島県をはじめとする原発立地に根強い「利権」の問題、そこに住む人々一人一人の生き方の問題等々、現実はとてつもなく複雑であり、昨年3月以降はその中心に放射能問題が加わって、まさにカオスというべき様相。単純な「善意」だけではどうにもならない。私たち「外野」の人間は、そうした大変にやっかいな状況に可能な限り目配りした上で、自分の立場を選択すべきだろうと思う。

作家の「たくき よしみつ」氏が、福島第一30キロ圏内から語るレポートなどは、一つの参考になる(現在は福島を離れられた模様)。ここでも何度か紹介している氏のHP(http://takuki.com/)に、ご自身が書いた雑誌記事へのリンクがある。

「原発30km圏内で見てきたこと」(『放送レポート』234号)
その1:http://abukuma.us/takuki/11/img11/1213/rp1.jpg
その2:http://abukuma.us/takuki/11/img11/1213/rp2.jpg
その3:http://abukuma.us/takuki/11/img11/1213/rp3.jpg
その4:http://abukuma.us/takuki/11/img11/1213/rp4.jpg

この方の見つめている「現実」の複雑さは、6月21日の記事の後半をざっと読んだだけでも想像できよう。自然エネルギーの怪しさについても話は及んでいる(私も南伊豆は何度も行っているので、「風力」についての問題は実際に聞いたことがある)。http://abukuma.us/takuki/12/189.html

若い世代に向けて書かれた『3.11後を生きるきみたちへ――福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書)もお勧め。「汚らしさ」は多少ぼかされているが、「複雑さ」はしっかりと伝わってくる。http://www.amazon.co.jp/gp/product/4005007104/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&tag=tanupack-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4005007104

その上で、「現実」の問題を考える際には、時として清濁併せ持つ態度も重要だと思う。潔癖な精神にとって、現実は全否定する以外にない。しかし、脳内で全否定したところで、私たちはとっくの昔から、無意識の内に汚らしい社会システムの中に組み込まれている。私たちに可能なのは、そういった「汚さ」から距離を取ろうと常に心がけることくらいだろう。その努力は、人が自由であるためにも、常に必要とされている。

リアリスト

昨日6月29日に行われた、大飯原発再稼働に反対する総理官邸前デモは、主催者発表15~20万人(警察発表2万人弱)の規模に上ったようだ。しかし、私は行かなかった。実は、ちょっと「見物」にでもと思わないではなかったが。

この期に及んで、態度を決めかねているわけではない。自分の中での答えは既に出ている。私は「原発即時全廃」とは叫べない。しかし、今大飯原発を再稼働するのは、やはり拙速であり、ストレステスト(二次評価=事故発生時の施設の健全性に対する評価)が十分に行われていない段階で動かすべきではないと思っている。

ベントの際に放射性物質の放出を抑制するフィルターの設置など、二次評価を完成させるためには3年ほどかかる。それらを待っていられないという声が、産業界を中心に強く存在することは事実だろう。しかし、二次評価項目のうち、現在どの程度が実施済みなのかは示されていないように見える(すでに発表されているなら、お教え願いたいが)。

福島第一原発の事故において、決定的に弱かったのは(つまり、過酷事故を招いた原因は)、地震や津波の規模を「想定外」としてしまったこと以上に、事故が起きてしまった場合にどれほど小規模化できるか(過酷事故を防げるか)が、ほとんど検討されずにきたことではないかと考えられる(たしか、民間事故調でも指摘されていたはず)。だから、事故が起こるかどうかより、万一起きてしまった場合にどう沈静化させられるかという二次評価こそが、この上なく重要なはずだ。

大飯の二次評価が、現状では設置不可能な数点を除き、どの程度済んでいるのかを明らかにすべきだろうと思う。一点でも不安材料が残されていれば、再稼働を認めないという意見が大勢なのは間違いあるまいが、それでも現状よりはずっとマシなはずだ。なし崩しが一番いけない。新たな規制組織が成立していないことを問題視する意見もあるが、現状においては二次評価の進捗状況を問うことの方が先決であるように思われる。

もう一点、「脱原発依存」を諦めていないというなら、やはりその具体像が示されてしかるべきだ。政府は、8月を目処に、2030年段階の原発依存度を決定するとしているようだが、具体策を大幅に欠いたままだ。

http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonmondai/27th/27-1-2.pdf

上記資料は、6月19日に発表された「エネルギーミックスの選択肢の原案について」である。ここの15~20頁に、委員から出た原子力についての考え方が列挙されている。

16~18頁に示された「原子力発電の中長期的な位置付けを巡る主な意見」「a) 早期にゼロを目指すべきとの意見」が、比較的多くの国民の意見に近いと見てほぼ間違いあるまい。しかし、「エネルギーの選択は、いずれにせよ厳しいものにならざるを得ない。一長一短のあるエネルギー源をいかに組み合わせ、バランスを確保するかが、エネルギーミックスの選択における重要な視点である」(22頁)は嘘ではなく、事実であろう。

31~34頁に、このたび示された選択肢が列挙されている。「選択肢(1) 意思を持って原子力発電比率ゼロをできるだけ早期に実現し、再生可能エネルギーを基軸とした電源構成とする」こそが理想であり、多くの国民の意見を代弁している。だが、どうも政府の「現実的」な方向性としては、「選択肢(2) 意思を持って、再生可能エネルギーの利用拡大を最大限進め、原子力依存度を低減させる。併せて、原子力発電の安全強化等を全力で推進する。情勢の変化に柔軟に対応するため、2030年以降の電源構成は、その成果を見極めた上で、本格的な議論を経て決定する」に落ち着かせたいのが(このくどい選択肢名称からも)うかがえよう。

「どうですか皆さん、このへんを落とし所にしていただけませんか」という(「残り18年では、頑張っても(2)までしか難しいように思うんです」という)雰囲気を感じないだろうか。政権交代直後の民主党政権が、国際社会に「格好良く?」約束してしまったCO2削減目標や、燃料調達にかかる資金的問題、国際情勢における不確実性に対する懸念も、確かにある。

私は(原子力工学はもとより、政治や経済の専門家ですらない素人だが)、今は上記「選択肢(1)」を実現させる方法(具体策)を、実地に、可能な限り詳細に検討すべき時ではないかと考えている。最悪でも、「選択肢(2)」を一担は受け入れた上で、2040年頃までに「原発比率ゼロ」を実現するために頭を使うべきではないかと思っている。なんと迂遠な話だと感じるむきもあろうが、少なくとも政府には(そしておそらく、世界中のリアリストにも)「選択肢(1)」よりもラディカルな、「即時全廃」といったシナリオはなく、それができないという説明にも合理性を認められるように思う。

そして、何よりも重要なことは、政府や電力会社に再び「絶対安全」と言わせる(嘘をつかせる)状況を作ってはならない。原発は、一歩間違えばとてつもない損害、被害をもたらすし、あらゆる技術に「絶対安全」などということはない。だから、不断に安全性の向上をはかりつづけねばならない。

どう考えても、あと10数年は、この恐ろしい原発と付き合っていかねばならなくなっている。だから、不安材料があれば検証し、改善するという努力を徹底してもらわなくてはならない。「どうせ先がない技術」だからといって、いいかげんに扱うわけにはいかない。

「先がない」嫌われ者の技術を日々改良し、より良いものにしていく努力は、徒労感との戦いでもあろう。新進の技術者は、より「安全」度と発電効率の高い原子炉の開発を目指したくなるに違いない。気持ちは分からないでもないが、少なくとも発電用商業原子炉はフェードアウトしていただくしかない。

以上をふまえた上で、私はなおも反原発デモをアリだと思っている。デモは「即時全廃」の実現にはつながるまいが、いささかの困難をおして「選択肢(1)」を選び、その内容を具体化し、実現していくための布石にはなる。また、大飯原発単独の問題でいうならば、安全性をこれ以上蔑ろにさせないための、強力なプレッシャーとなる。ただし、私は現状でそれ以上を強く主張することができずにいる。実際官邸前に出向くモチベーションを欠き、そのことに負い目を感じてもいる。

一方で、最近のデモでは、「野田やめろ」コールが響くという。それ自体はいい。実際に支持率急降下中の野田首相だが、しかし彼を「のだめ」と呼び、党内分裂をまねいた無能さを嘲笑する見方があることについて、私はいささかの危惧を覚える。彼の主張や、最近の発言については同意できない点の方が多いが、実のところ、ここ10数年の総理経験者の中では屈指の力量の持ち主ではないかと思う。それが良いとか悪いとか言っているのではない。かなり手強い相手だということを心しておくべきだと思うのだ。

実際は何も言っていないに等しく、詭弁にも等しいあの「再稼働宣言」を見ながら、私は不覚にも震えてしまった。様々な専門知識のほどは別として、彼は原発に関しても政局に関しても、反対派を含めた意見を冷静に見比べた上で、タイミングをよく見計らって冷徹に決断を下しているようだ。また、対抗者の心がよく読めているようにも見える。

野田は決して暗愚な宰相ではない。今この時に、彼が総理大臣の地位にいることが、後から振り返って良かったのかどうか分からない。むしろ彼のようなリアリストではない人物が首相であれば(たとえば、前首相や前々首相のようなロマンチストだったら)、山積する諸問題の処理は今以上に蔑ろにされた可能性もあるが、大飯原発の拙速な再起動も、先日可決された消費増税も(このいずれにも、私は賛成できない)、実現しなかったような気がするのである(この考えは甘いだろうか)。

なるべくしてなった現在に、パラレルワールドを想定しても詮無いことだが、もし菅と野田の順番が逆だったら? 未曾有の危機や混乱へ対応する際に、理念先行型のロマンチストは邪魔でしかない。しかし出口の見えない混迷中にあっては、トップがリアリストなのが最良とはかぎらない。当然、様々な問題の裾野に目配りできることが、最低限の資質として必要なのは言うまでもないが。

« 2012年6月10日 - 2012年6月16日 | トップページ | 2012年7月8日 - 2012年7月14日 »